スマホ画面を守るには?

割れる画面を割らないためにできること

スマホの画面がガラスである限り、100パーセント割れないとは言い切れない、そうわかっていても、スマホの画面を割るような事態は避けたいものです。
「スマホを落とさない、踏みつけない」
原因を鑑みると、やはりこれを徹底させたいですね。

それでも、故意にスマホを落としたり踏みつける人はいないはず。
大切に長くスマホを使いたい人のために、こんな状況に陥った時でも、画面割れの被害を極力回避する対策もご提案しましょう。

一番のおすすめは、全面フルカバータイプの防水・防塵・耐衝撃ケースを使うことです。
ケース使用中のスマホの不具合に対して補償サービスもあり安心感はありますが、値段もかなり高め。
コスパを考慮して検討しましょう。

もう少しお手頃価格で安心を得たい人には、手帳型のスマホケースがいいですね。
常時画面を覆ってあるので、落下時に画面が直接衝撃を受けることはありません。
使用中も滑り落ちる危険性は少ないでしょう。

画面割れを防ぐお役立ちグッズは?

でも、手帳型のスマホケースじゃ、スマホ本来のスリム感や手馴染みのよさが活かされないのでは?
そんなネガティブイメージをスマホケースにもっている人には、画面に貼る衝撃吸収保護フィルムはいかがですか。
スマホケースほどの端末保護機能はなく、フレームの変形や損傷を防ぐこともできませんが、画面に傷がつくのを防ぐ効果はそれなりに期待できます。

この他に、手馴染みのよさや操作性に影響を及ぼさない画面割れ対策としては、背面に貼り付けるバンカーリング、首からぶら下げるネックストラップがあります。
バンカーリングはデザインのバリエーションが豊富で、片手で操作する時に、指をリングに入れて安定させられるため、落下防止に役立ちます。
ネックストラップは、ストラップの長さを、前かがみになった時に胸ポケットから落下したスマホが地面に衝突しない程度に調整しておけば、置き忘れも防げる便利グッズですよ。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る