当たっても踏んでも割れるんです

落とさなくても割れるのはなぜ?

最新機種のスマホ画面に採用されている強化ガラスは、これまで以上に耐傷性・耐久性に優れたものになっています。
にも関わらず、鍵の先などを押し付けると割れることがあります。

強化ガラスは、内部と外部の引っ張り応力のバランスがとれているため、衝撃に対する強度がとても強い性質を持っています。
傷がつきにくく割れにくいと言われるのはそのためです。

しかし、日常的に使っているうちに、スマホ画面に金属や砂埃がこすれたりして、目に見えない微細な傷がついてきます。
その微細な傷に対して、鍵のような突起物を強い力で押し付けると、強化ガラスの引っ張り応力のバランスが崩れて全体にヒビが入ってしまいます。

落とさなくても割れるからくりには、こんな理由がありました。

強化ガラスが圧迫されて割れるのはなぜ?

先にお伝えしたように、フレームの狭小化によってスマホ画面の強化ガラスはむき出しに近い状態になってきました。

そのため、胸のポケットに入っているスマホが満員電車の中で強く圧迫されたり、お尻のポケットに入ったスマホをうっかりお尻で踏みつけてしまうと、細くて狭いフレームが圧力に耐えきれず曲がってしまいます。
すると、フレームから浮き上がったガラスが直接圧迫されて、いくら超強化ガラスといえども極薄ゆえに割れてしまうことになります。

軽くて持ちやすい筐体を追求することで、スマホ自体の強度を犠牲にしている側面もありそうです。

このように技術の進歩によって、持ちやすくデザイン性にも優れ、その上機能性も申し分ないスマホに、スマホとしての堅牢さを今以上に望むのは難しいことかもしれません。

とにかく、お気に入りの最新機種のスマホを不本意ながら割ることがないよう、配慮して使うことが何より大事といえるでしょう。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る